仮交際で温度差を感じた時に考えること

仮交際

こんにちは。大阪梅田の結婚相談所 kotopuro 代表の岩田です。

仮交際に進むと、お相手の前のめりの熱量に圧倒されて戸惑ってしまう女性が少なからずいます。
また、男性は「いいなっ」って思った女性に対して、一直線に突き進もうとポジティブなことは素晴らしいのですが、いきなり盲目になりすぎてしまい、お相手との間で温度差があるのも気づかずに、全力でアタックして失敗することがよくあります。

代表 岩田
代表 岩田

うまくいく可能性があったのにダメにしてしまうのは、非常にもったいないです。

今回は、仮交際で温度差を感じた時に考えることをまとめましたので、現在婚活中の方やこれから婚活を始めようと思っている方には、最後まで読んで参考にしてください。

温度差を感じるのは女性が多い理由は

仮交際成立の段階で温度差はよくあることです。
それぞれの交際状況も異なるため、温度差があって当たり前くらいに思いましょう。

仮交際が複数いる場合と、1人も仮交際になっていない場合とでは、意識が違います。後々お断わりになりそうかも。と思っていても、とりあえず進んでみる。という感覚です。

そして、男女差により生じる温度差もあります。
まず、男性は楽しく話せたり居心地が良いと、気持ちがイッキに盛り上がり、すぐに好きになる!という傾向があります。
対して、女性がすぐに相手を好きになることはほとんどありません。
長い時間をかけて、少しずつ、気持ちに変化が起こり、好きになっていきます。

だから、婚活女子からよく出る「まだ好きかどうかわからない。」という言葉は本音を表しているのです。

これは、男女の本能による違いからくるもので、
大昔、獲物を求めて狩りをしていた男性は、獲物を見つけた時には、誰よりも早くその獲物をGETしないといけないから、一直線に果敢にアタックするというDNAが組み込まれているんじゃないかと思います。
これに対して、女性は子どもを産んで育てるので、できる限り優秀な遺伝子を持つ相手を見極めるには、いきなり好きにならないようなDNAが組み込まれていると思います。自分に対してかけてくれた言葉や示してくれた態度をコツコツと積み立て貯金のように足していって、その貯金がたまった頃に好きになっている。という感じです。

だから、男女である以上、盛り上がるまでの期間に温度差がでるのは、仕方ないことです。

代表 岩田
代表 岩田

男性は、自分の気持ちばかりを優先するのではなく、積み立て貯金をして、女性の気持ちが追い付いてくるのをガマン強く待ちましょう。

ここで、男性が先走って、「真剣交際」を申し込んでも、女性としては自分の気持ちが盛り上がっていないので、お断わりしてしまう。というケースは少なくありませんので、男性は要注意です。
女性も、もし自分の気持ちが盛り上がっていなくて、真剣交際を申し込まれた時に、悩んでお断わりにしたら、もうその人とはそれで終わりになってしまいます。後になって、やっぱりOKしたい。と言っても、もう遅い。今更言われても無理!となってしまうので、勇気を持って決断する力を持つことも大事です。

温度差を感じる時はどんな時

では、どんな時に温度差を感じるのでしょうか。
温度差を感じやすいタイミングや温度差のサインについてお話します。

結婚相談所ではお見合いをして交際が成立したら、必ず1回はデートをしなければいけないというルールがあります。
つまり、交際=もれなく1回デートなのです。
が、この1回のデートが終わったタイミングで温度差が生じます。
積極的に会いたいとなれば、次の約束を早く決めたくなりますが、そうでもない場合には次の約束をなかなか決めたがらないからです。

デートの約束が日時指定されたら、それは温度差の可能性があります。
あなたが誰かと約束する時には、できる限り会える工夫をするために、候補日は複数出しますよね。それをピンポイントで〇日〇時と指定してくる場合は、脈なしの可能性が大きいと思ってもいいかもしれません。


お見合いでは好印象だったのに、1回目のデートの後で温度差が出ることもあります。
仮交際段階では、他の人とお見合いをしてもいいし、交際をしていても良いので、1回目のデートの後で、他の人とお見合いをしたらとっても好印象で、交際が成立したというような場合は、いきなり温度差が出ることになります。

結婚相談所は、平行して複数交際OKのルールなので、いろんな人とやりとりをしていると、急に気持ちが変わることは仕方がないことです。

温度差を感じた時の対処法

温度差というものは、少なからず様々な理由で起こりますし、温度差はあって当然のことです。
これはお見合いに限らず、自由恋愛であっても、2人が同時に同じくらい好意を寄せる事の方が難しく、必ず、一方の好意が相手に伝わり徐々に好意を持ってもらうようになります。そして、自由恋愛の場合、相談所の婚活と違うところが期間に関するルールがない。ということです。なので、じっくり好きになってことや、長い間気持ちを寄せている人がやっと振り向いてくれたということが起こります。

では、お見合い・交際で温度差を感じた時にはどうすれば良いのでしょうか?

結論は1つ

温度差を感じても自分が良いと思う相手なら頑張る!です。
会えている時点では、まだ可能性があるということですから、諦める必要はありません。

明らかに相手の気持ちがこちらに向いていないと、ついつい消極的になってしまうものですが、相手のことが良いなと思っているのなら、これまでと同じように接することです。
ここで、相手の気持ちが自分に向いていないことにフォーカスしてしまい、自分の気持ちも他に向けていることが伝わると、これまで築いた2人の関係は終了してしまいます。

もちろん、他のお見合いをしてもいいです。
諦めずにいると、何かの拍子に相手の状況が変わることもあります。

自分がまだお相手を良いなと思っているなら、自分から「交際終了」にする必要はありません。
複数交際で残っていると、良い印象があれば、相手の状況次第で変わることがあるからです。

相手から終了されるのがイヤだから自分から終了するという理由は、全くナンセンスです。
結果を見るのが怖いから辞退するという逃げ癖に繋がり、誰ともうまくいかなくなるので、気をつけましょう。

真剣交際に進む際の温度差について

真剣交際に進みたいと思っていても、お相手との温度差を感じて真剣交際に踏み切れないことも、よくあります。

とても迷うタイミングだと思います。

お相手の気持ちがわからない場合は担当者に相談しましょう

まず、真剣交際に進みたいという気持ちがある場合は担当者に相談することがベストです。
結婚相談所で婚活をするメリットは、このお相手の気持ちがわからないことで上手く進めないという自由恋愛のお悩みポイントを解消することができることです。積極的に担当者に相談をして、お相手の気持ちを確認してもらったり、自分の気持ちの橋渡しをしてもらうことをお勧めします。

特に女性がまだ盛り上がっていないだけで、「この男性ともしっかり前向きに考えてみようかな」と思うきっかけになりますし、もちろん「あなたの気持ちには答えられない」という結論になることもあります。がご縁がない交際をダラダラ続けるほど、無駄なことはないと思いますで、さっさキリをつけて次のお見合い・交際に進むことができて良いと思います。

まとめ

お見合いからトントン拍子で成婚退会することは理想ですが、実際には複数交際をしていることがほとんどなので、みなさんそれぞれに、折り合いをつけてその中から、お互いが良いと思う相手と出会って成婚退会していきます。

温度差があることは当然だという前提で交際をすると気が楽になります。
けっしてドラマや映画のようなことではなく、現実を直視して、今の自分の目の前に出会いを大切に進める方が成功の確率は高くなります。

最後は自分を信じて、自分が納得いく婚活をしましょう。

kotopuroのホームページはこちら➡https://kotopuro.com/muryouu
タイトルとURLをコピーしました