お見合いお悩み相談

お見合いでの会話はこれがおすすめ               つまらないと思われないために

お見合い
この記事は約8分で読めます。

こんにちは。大阪(梅田)結婚相談所 Kotopuro(コトプロ) 代表 岩田です。

婚活で選ばれるためには、一緒にいて楽しいと思われることが重要です。

お見合いが楽しかったら、「もっと仲良くなりたい」「また会いたい」へ続くでしょう。この一緒にいて楽しいと思われるには、「会話力」が必要です。面白い話で盛り上げられる人は、相手に好印象を与えますが、つまらない話しかできない人は「全く魅力的じゃない」と思われてしまうので、婚活がうまくいきません。

では一体、どんな話題をすれば相手に好印象を与えることができるのでしょうか。婚活でのどんな話題をすれば良いのか、また、会話を盛り上げるためにはどうすれば良いのかをご紹介いたします。

結婚相談所をしていると、「会話が続かない時はどうすれば良いのでしょうか」とご相談を受けることもよくあります。

会話が続かない時の対処法や、話題にしてはいけないことも併せてご紹介いたします。婚活での会話が上手くいかないと悩んでいる方は最後まで、ご覧になってください。

婚活での話題 おすすめ5選

婚活では、初対面の相手とお話をするので、最初はお互いが様子を見ながら、相手はどんなことを好むのか探りながら会話をすることになります。

代表 岩田
代表 岩田

最初は、どんな人とでも盛り上がりやすい話題を選ぶことで会話がスムーズに進みます。今回は誰でも会話が続くテッパンネタの話題をご紹介いたします。

趣味

趣味
趣味

お見合いでは、まずこの話題からでしょう。

プロフィールにも、複数記載されていますので、まずは趣味の話から始めましょう。

代表 岩田
代表 岩田

「僕の趣味は○○で・・・」と、先に自分の趣味を話出すと、お相手は「それってどんな趣味?」と、興味を持ってくれたり、共通のものであれば、話はきっと盛り上がります。

相手の趣味とは違っていても、とりあえず話題にすることで、興味を持ってくれたり、話が転がることもあります。

会話が途切れて気まずい雰囲気にならないためには、自分の趣味の話をすることが良いです。

食の好み

食の好み
食の好み

誰でも1日3食食事をします。食の話題は無難で初対面でも話を盛り上げる要素が多いにあります。

好きな食べ物や飲み物は、誰にでも、1つや2つはあるはずなので、相手と同じものが好きだったら、お互い好印象にもなり、次のデートにつなげやすくなります。

代表 岩田
代表 岩田

また、好みが全く合わなかったとしても、相手のことを知る機会になるので、聞いておいて損はありません。

休日の過ごし方

休日の過ごし方もテッパンネタです。
休日の過ごし方を聞くことで、自分に合う相手かどうかを見極めるポイントにもなります。

代表 岩田
代表 岩田

例えば、「休日は旅行に行く」といえば、それだけで、行ったことのある場所や現地での食べ物、観光名所などが話題になります。

「家で本を読んだり、ビデオを見たりします」と言われると、活動的でない。と思われますが、案外、インドア派の人は結構います。「私も家で過ごすのが好きです」という人と出会える可能性は、決して低くはありません。

代表 岩田
代表 岩田

インドア派の2人なら、オンラインでおうちデートも楽しめますね。

本・映画・ドラマ

どんな人にも、お気に入りの本や映画、ドラマなどが、1つはあるはずです。

話題に困ったら、「好きな本や映画は?」「最近はどんな本を読みましたか」と訊いてみるといいです。

自分が全く知らないジャンルであっても、「どんな作品なの?」訊き返して、話題を広げると、相手が話をしてくれます。自分が相手の好きな作品に意識的に興味を持つことで、会話が長続きする。という効果もあります。

代表 岩田
代表 岩田

映画の話題だと、出演者に話題を広げることもできますし、そのつながりで過去の作品にも話題がどんどん繋がります。

仕事

仕事の話題も、話しやすいですし、聞かない人はいないでしょう。

代表 岩田
代表 岩田

「○○ってどんなお仕事なんですか?」

って聞かれると、たいていの相手は答えてくれます。その際にあまり細かいことを聞くのではなく、さらっと大まかに聞くのがポイントです。

婚活で話題に困ったらこれ!

上記のようなテッパンネタを話題にしても、話題が尽きて会話が長続きしないというケースもあるかもしれません。

そんな場合は以下のような対処法を試してみてください。

質問の仕方を考える

話が長続きしないのは、答えが「はい」「いいえ」で終わってしまうからです。

例えば、「あなたはお酒が好きですか?」という質問をすると、相手は「はい」か「いいえ」かで答えてしまい、会話はそこで終わってしまいます。

会話を長続きさせるコツは、「はい」「いいえ」で終わるような聞き方をしない。ということです。

例えば、「好きな飲み物は何ですか?」と聞かれる、相手は「生ビール」「紅茶」「タピオカミルクティー」など、いろんな答えを言ってくれるはずです。

そのような答えが返ってきたら、「自分も好きなんです」とか「自分は飲んだことがないけど、それって美味しいの?」とか「どこで飲むの?」とか「いつ飲むの?」とか、そこから話題を繋げることができます。

会話から連想する

会話も途切れることもあります。そんな時は、途切れる前の話題から連想をしましょう。

あなた:「趣味は何ですか?」

お相手:「旅行です」

口ベタな人はこれで終わって、また次の質問をしてしまい、会話が続かない人という印象を与えてしまいます。

ドライブ
ドライブ

そんな時は、「旅行」というキーワードから連想をしていきましょう。

「旅行といえば、ドライブ」と連想したら、

「ドライブではどんな音楽を聴くの?」とか

「旅行といえば、駅弁」と連想したら、

美味しかった駅弁の話をしても構わないのです。

1つの話題が、広がることで、会話が楽しい人という印象を与えることができます。

自分の身の回りを見る

お見合いの席を見渡してみると、綺麗なお花がかざってあったり、季節の飾りつけになっていたりすることがあります。

そんな自分の身の回りのものを話題にすることで、次の会話の手がかりになることのあります。

相手の持ち物や洋服をほめる

おしゃれ

とにかく、会話が途切れるのがイヤな場合は、相手が身につけているものをほめるのも良いです。

洋服や髪飾り、バッグ、イヤリング、腕時計など、なんでも構いません。
特に女性はお見合いの場には、それなりにお洒落をしてきていますので、「今日のお洋服はとってもよく似合っていますよ」とか「センスが良いですね」など、くどくならないくらいに褒めてください。

婚活の会話を盛り上げるポイント

お見合いの席では、会話を続けるだけでなく、できれば、盛り上げたいと思いますよね。

会話を盛り上げるには、ちょっとしたコツが必要なんです。

プロフィールをいっぱい書く

お見合いには、必ずお相手のプロフィールを事前に読まれます。なので、自分のプロフィールには、話題になるようなことをいっぱい書いておけば、お相手もそこからお話を広げようと思っているので、スムーズに会話が進みます。

代表 岩田
代表 岩田

相手から「趣味は○○なんですね」と言われたら、すぐにその話題になれるよう、「そうなんです。○○の楽しいところは・・・」と会話がスタートすれば、話題がひろがるでしょう。

プロフィールシートはできる限り、自分がどんな人が想像してもらえるよう、またお見合いの話題につながるよう、具体的なことを書くことをお勧めします。

話し方を見直す

少しシャイで会話が苦手な人は、初対面の人との会話は緊張してしまうことが多いようです。

過去にうまく会話ができなかったことを思い出すと余計に会話が続かなくなります。

お見合いでは、周りに知り合いはいませんので、まわりの視線の気にしないで、「今までの自分とは違う自分」になった気持ちで、堂々と話してみましょう。違う自分を演出することで、意外と話が弾むかもしれません。

話題は事前に用意しておく

お見合いでYesをもらうためには、やはり当日の会話が弾むこと、楽しくお話ができることです。

そのためには、事前準備が大切なポイントになります。

お見合い当日は何を話すか、ある程度話題を準備しておきましょう。

例えば、流行りの映画やドラマのあらすじを調べたり、人気のスイーツやドリンクをチェックしたり。情報収集をすることで、話題が次々と浮かんできて、話が盛り上がりやすくなります。

婚活での会話 これ言っちゃダメ!

お見合いの席では、いくら会話が盛り上がるかもと思っても、話題にすべきではないことや、やってはいけないことがあります。

お金の話

結婚相談所のお見合いでは、男性の年収が記載されていますので、わざわざ話題にする人はいないと思いますが、資産や貯金に関しての質問をいきなりすることはNGです。

交際が進んでから話題するようにしましょう。

下ネタ

男性は悪気がなくても、つい下ネタになってしまう人が時々います。女性の中にも下ネタが平気な人はいます。

でも、わざわざお見合いの席で下ネタを話題にする必要はありません。

時と場合を考えて、話題を選ぶこと。セクハラ扱いされる可能性もあるので、しっかし覚えておいてください。

尋問・面接みたいにならない

会話の始まりは質問になることはよくありますが、相手に質問ばかりしていると、それは尋問になったり、相手は面接されているように感じてしまいます。

次から次に 矢継ぎ早に質問をすることは、決して良い印象は与えません。自分が4割 相手が6割くらいのつもりで会話をすることを目指しましょう。

まとめ

お見合いの席では、相手との会話がとても重要です。ここで失敗すると、相手に悪い印象を与えてしまい、交際に進むことができません。

口ベタな人でも、コツをつかみ、適した話題を選ぶことで、なんとか話を盛り上げることができます。

会話に使えそうな話題を話題を常に意識して、お見合いの席でうまく会話ができるようにかんばってください。

大阪(梅田)結婚相談所 Kotopuro ホームページhttps://kotopuro.com/

タイトルとURLをコピーしました